聖書の物語

聖書の人物

アブラハムの物語(3)

カナンの地 カナンの地についたアブラハムはベテルと呼ばれる山へ登っていき、天幕をたてて祭壇を築きました。 10代前の先祖ノアが捧げていたような祭壇。 アブラム自体は、幼い時にはメソポタミア神話の神々を拝んでいましたが、今...
聖書の人物

アブラハムの物語(2)

父テラの死 テラには、4人の子がいました。後のアブラハムとなるアブラム、ナホル、ハラン、サライです。サライは、アブラハムとは異母兄弟でした。 テラの子の一人、ハラン、ウルの地で若くして亡くなりました。彼の子であるロトたち3人を...
聖書の人物

アブラハムの物語(1)誕生前夜

カルデヤのウル カルデヤのウルとは、メソポタミア側の左側、現在のイラク地域に位置する場所だといわれています。その王国はトルコのほうまで及んでいたとも言われていますが、はっきりしたことはわかっていません。 ウルと呼ばれる地域には...
聖書の物語

創世記物語(8)バベルの塔

洪水の後、ノアの子、セム、ハム、ヤペテの3人は子供を得るようになりました。彼らの子や孫が、四方八方住むところを広げていきました。 ハムの孫にあたる「ニムロデ」は、狩りが得意でした。彼はこの世の中で初めて「権力者」と呼ばれる人になりま...
聖書の物語

創世記物語(7) 洪水のあと

雨は40日40夜降り続きました。雨はやみましたが、あたり一面を水が覆いつくし、まるで陸地が見えない大海原(おおうなばら)に浮かんでいるようです。地球がすべて水浸しになったかのようでした。 150日間、箱舟は水に浮いていました。 ...
聖書の物語

創世記物語(6)~洪水のさばき~

10年という長い歳月が過ぎていきました。今では、3人の息子たちもそれぞれ結婚し、美しい妻がいます。 箱舟は完成しました。 動物も、動物のエサ、人間たちが船の中で食べる食べ物の準備、 なるべく多くの種類の生き物を乗せていく...
聖書の物語

創世記物語(5)~箱舟を作る日々~

ノアが箱舟を作ったとき
その他

創世記物語(4)~ノアとの出会い~

神様は、もう、本当に私を信じる人は誰もいないのか、 と首をがっくり垂れてうなだれました。正確に言えば、「神様」と呼ぶ人はいないわけではありませんでした。けれど、「神様」と呼ぶだけで、実際には神様のことなど何も考えておらず、到底神様を...
聖書の物語

創世記物語3(沈黙の1600年)

神様は人間と話すことをしなくなりました。 それでも神様が作った自動装置のような地球は変わることなく法則通りに静かに動き続けていました。 人間たちも、生まれて成長し、子を産んで、年老いて死に、また新しい人が生まれて、成長し、子を...
聖書の物語

創世記物語2(アダムとエバ)

ある日、エバは一人でいました。アダムも、神様もいませんでした。 声がするので振り向いてみると、見たこともない天使が立っていました。彼の名はルシエル。 天使の中の天使と言われ、天にいる人々も立ち止まるほど美しい宝石のような天使。...
タイトルとURLをコピーしました