聖書の物語

ニネベの奇跡(5)

赦し(ゆるし) 神様は、ニネベの町の民が祈る声を聞いて驚きました。 死んだ、と思っていたあの民が・・・ イスラエルの民もこれほどまでの祈りがかつてあっただろうか? 神様はヨナに言いました。 ...
聖書の物語

ニネベの奇跡(4)

大魚の腹の中で 海に投げ込まれたヨナの体はさっと波がさらっていき、人々の前から姿を消しました。 その時、一瞬にして海の深いところにまでさらわれていきました。 気が付くと、大きな袋のようなものに閉じ込められている状...
聖書の物語

ニネベの奇跡(3)

嵐 いつにない美しい夕陽に、酒を酌み交わし、すっかりほろ酔いとなり、舟は静かに大海原を進んでいきます。 ほろ酔いで眠りについた海の男たちが明け方とともに冷たい潮風で目を覚ましました。 どこに引き返すこともできない...
聖書の物語

ニネベの奇跡(2)

ヨナは神様の声を聞かず、タルシシに向かう船へと乗り込みます
聖書の物語

ニネベの奇跡(1)

ニネベ ユーフラテス川は地球のへそのような場所です。 豊かな川の恵みがこの地に繁栄をもたらしてきました。 古くからこの川沿いで人々は農作をし、多くの人々が様々なものを売り買いして交わってきました。 紀元前3000年...
聖書の人物

ヤコブと妻、12人の子供たち

ヤコブの妻と子、家系図とともに、代表的な子孫をご紹介します。
聖書の人物

アブラハムの家系図

聖書が難しい理由の一つは、家系図が複雑なことじゃないかと思うんです。 特に旧約は、兄弟?夫婦? え?となることが多いのです。 それもそのはず、いとこ同士とか、親戚同士の結婚も多く、こんがらがることになります。 ひとまず、...
ちえみThinking

干しカワハギを焼く教祖

カワハギってご存知ですか?田舎のお土産などである、小さな小魚の干物です。 私が冬の季節に月明洞を訪ねていくと、確かにドラム缶に薪をくべて、その上に網を乗せて、確かにカワハギを焼いて、皆に振舞っている姿をお見掛けしました。 先生...
ちえみThinking

イエス様について思うこと

イエス様の物語について書けたらなと思う反面、イエス様って結末が悲しいよな、と紋々としていました。そして、ああ、私が「この教会でよかった」と思っていることの一つに、イエス様のイメージが変わったというのがあるよな!と思いました。 限界の...
聖書の物語

アブラハム物語(9)

ろばにのって アブラハムは、サラにも、イサクにも、もちろんほかの誰にも、アブラハムがイサクを捧げようとしていることは話しませんでした。 しかしイサクに、「共に祭壇を捧げにいこう」と言いました。 明け方早くにロバと二人の若...
タイトルとURLをコピーしました